練馬区区民大会ベスト8!

練馬区区民大会決勝トーナメント

延期に延期になっていた区民大会。勝てば一日3試合という強行スケジュールとはなりましたものの、6年生最後の舞台を用意し、開催してくれたことをまず本当に感謝です。

最後の大会全てを出そうと臨んだ結果は、、、

〈一回戦〉

VS FC開三 6-0 ◯

アンジの先制点を皮切りにダイキ、コウタロウ、イット、キョウスケ、カズトと全員違う選手からの6ゴール!色んな選手から起点となってゴールに結びつき、ここにきてチームの力がついてきたと実感!どのゴールも素晴らしい形でしたね!良い雰囲気で臨めました!

〈二回戦〉

VS 仲町FC 3-1 ◯

リハウスリーグでも共に戦ったチームとの再戦。前半ラストプレーにダイキのアーリークロスからショウタが押し込み先制!後半立ち上がりにミスで一点返されるも、アンジの目の覚めるような弾丸ミドルが突き刺さり追加点!その後抜け出したイットが沈め決定弾!試合運びも安定し、底力を見せてくれた試合でした!

〈三回戦〉

VS FC大泉学園 2-4 ×

絶対王者、大泉学園!3試合目にしてこの相手は厳しい条件でしたが、やり切りたいと臨んだ試合。前半、1、2試合目より目に見えて体が動かなかった。もちろん相手のプレッシャーもあり、よりきつかった展開。立ち上がりに後手を踏み、立て続けに失点をしてしまい、メンタル的に落ちてしまったのが勝負の分かれ道でした。ハーフタイムに最後振り絞ろうと伝え、ピッチに送ると後半は躍動。

コウタロウのナイスカットそこから素晴らしいスルーパスをイットが決め、一点返す!その後、カウンターからイットが収めスルーパスからショウタが流し込み追加点。全員がファイトし、見応えのある展開になりましたが、前半での失点が響き、巻き返すことは出来ずタイムアップ。

最後は悔しい敗戦と少し悔いの残るゲームとはなりましたが、それでも選手たちは立派に最後まで戦ってくれたことを嬉しくも思いました。

涙を流す選手もいました。日常生活を普通に過ごしていて、こんなにも感情的になったり、涙を流す経験はなかなかありません。見てる側としてもこんなにも胸を熱くさせてくれるサッカーはやはり素晴らしいスポーツだということを改めて選手たちが教えてくれました。

今、振り返るとこの日のゲームは素晴らしいプレーの連続でした!彼らが積み上げてきてくれたことを存分に出してくれましたし、最後の試合でこういう試合を魅せてくれた6年生を褒めてあげたいです!練馬区区民大会ベスト8!立派な結果です!胸を張ろう!!

色んなことがあった代だったけど、最後までこのメンバーと来れて、戦えて本当に良かったと思えた試合でした。感動をありがとう!!

不二での残りの活動もわずかですが、最後までサッカーを楽しんでやっていこうな!!

保護者の皆様ありがとうございました!暖かく見守り背中を押し続けてくれたお陰で子どもたちは最後まで頑張れました!最後まで戦った子どもたちをたくさん褒めてあげてください!あともう少しだけお付き合いください!