武田愛白さん100mハードル東京ジュニア2位

9月20日(日)八王子市上柚木陸上競技場にて行われた第32回東京ジュニア陸上競技大会において先の通信陸上で1年女子走幅跳で2位になった武田愛白さんが、1年女子100mハードルにおいて2位に入りました。短い練習期間でしたがリズムよくスピードにのったハードリングは見事でした。2位が続き、今後の活躍を期待したいと思っております。

9月21日(祝)駒沢オリンピック公園陸上競技場では日清カップ小学生陸上競技交流大会東京大会が開催され、男子では中條君がコンバインで、女子では東さんが100mで入賞しました。この日の大会に参加した選手たちの半数以上が自己ベスト記録を更新し、今後の活躍に期待が持てそうです。

お疲れさまでした。